2013年12月14日土曜日

風の強い日は山に上ろう


午後から3時間ほど時間を作ることができたので、そそくさと自転車に跨る。
特に行くアテはなかったのだが、外は西寄りの強風が吹いていたので、さっさと山に篭もることに決めた。
風の強い日こそ山を走るのが楽なのだ。

予想通りというかなんというか、登坂区間に入るまでの平地区間はすさまじい向かい風で前に進むに必死だったのだが、山に入ればその風は勢いをひそめ、精神的にかなり楽になる。
平坦路より上りの方が楽というのも変な話ではあるが、こういう時は自身の脚質がクライマーに近いもので良かったと思うよ。

往路が風に苦しめられた代わりに、復路は強力な追い風に乗ってさくっと帰宅。


そうそう、昨日届いたウインタージャケットを着て走ってみたのだが、これは冬場の強力な味方になってくれそうだ。
今日は冬用のインナーウェアの上にこのジャケットを着て走ったが、全然寒くなかったし、もう少しだけ着るものを増やせばさらに寒い状況下にも対応できそうだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

秋の砥峰高原へ

チームメイトのされなさんと神河町にある砥峰高原に行ってきました。