投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

写真で振り返る2013年

イメージ
早いもので2013年もあと3時間を切った。
せっかくなので、写真などで2013年が私にとってどんな年だったか振り返ってみよう。

鷹来屋 特別純米酒

イメージ
実家へのお土産として、今回鷹来屋の日本酒を携えた。 先日大学関係のイベントで教授が差し入れとして用意してくれたのだが、そこで初めて飲んでみてとても気に入った。
少し甘みがある風味で、クセもなく飲みやすい感じだ。
アルコールに弱い私ではあるが、気に入ったお酒を少量楽しむのは悪くないね。

やはり地元は落ち着くもので

イメージ
地元に戻るために授業終了後に鉄道による帰省を開始。
在来線の特急と新幹線を乗り継ぎ、22時過ぎには実家に帰宅した。

外気温は大分のほうが暖かいが、家の中は薪ストーブと厚い断熱材によりとても快適な環境が待っていた。
しばらくは地元で羽根を伸ばすとしよう。



帰省2日目は所用で大阪へ。
思ったほどの収穫はなかったが、久しぶりに大阪を歩けて気分転換にはなったかな。



師も走る月の街

イメージ
実家に持って帰る買い物をするためにロードに乗って街へ。

大分に来てあと数ヶ月で3年が経とうとしているが、普段街で買い物をすることがないため、案外街の中のことは知らなかったりする。
田舎の県道などは大分出身の人間よりも詳しかったりするのに、ちょっとおかしい話だよな、と考えを巡らせたり。

そろそろ年末を迎えようとしているせいか、道ですれ違う人はどこか急いでいるようにも見えた。



夜はsyouと一骨家へ。
美味しいラーメンをすすりながら、互いの近況報告などで盛り上がった。

天神丸福にとり天定食を食べに行ってきた(2013.12.22)

イメージ
今日は久しぶりに用事もないし、天気も安定している日曜日。
せっかくの休みなのだから走らなきゃ!ということで、輝輪のJOYさん、Nanさんと竹田までサイクリングをすることに。

一通りの準備を済ませ、自転車を外に出そうと思ったら、前輪がぺっちゃんこなことに気が付いた。
どうやら昨日タイヤと一緒に交換したチューブが経年劣化していたらしく、スローパンク状態になっていたみたいだ。
急げば集合時間に間に合うように出発できる時間だったので、そそくさとチューブを交換する。

ふぅ…、何とも幸先の悪いスタートだ。




毎年恒例というか何というか

こーへーさんに誘われて、22時過ぎからパークプレイスへ。
この時期のパークプレイスはイルミネーションが行われており、去年も知人に誘われて撮影に出かけている。

イルミネーション自体は去年とそう大差はなかったが、大分市内ではかなり綺麗な方だと思うし、撮影をしながらこの時期独特の華やかな光に癒やされた。

EOS 60D

イメージ
「趣味なら、本気で。」


風の強い日は山に上ろう

イメージ
午後から3時間ほど時間を作ることができたので、そそくさと自転車に跨る。
特に行くアテはなかったのだが、外は西寄りの強風が吹いていたので、さっさと山に篭もることに決めた。
風の強い日こそ山を走るのが楽なのだ。

予想通りというかなんというか、登坂区間に入るまでの平地区間はすさまじい向かい風で前に進むに必死だったのだが、山に入ればその風は勢いをひそめ、精神的にかなり楽になる。
平坦路より上りの方が楽というのも変な話ではあるが、こういう時は自身の脚質がクライマーに近いもので良かったと思うよ。

往路が風に苦しめられた代わりに、復路は強力な追い風に乗ってさくっと帰宅。


そうそう、昨日届いたウインタージャケットを着て走ってみたのだが、これは冬場の強力な味方になってくれそうだ。
今日は冬用のインナーウェアの上にこのジャケットを着て走ったが、全然寒くなかったし、もう少しだけ着るものを増やせばさらに寒い状況下にも対応できそうだね。

nm7 Racing ウインタージャケット

イメージ
私が代表を務めるnm7 Racingの冬用のチームウェアが完成した。
製作を担当していただいたのはお馴染みのチャンピオンシステム様。

到着して、まずは私用のジャケットに袖を通してみる。
予想通りの全体的にタイトなフィット感で、これなら風によるバタつきも少なそうだ。
首周りは少し窮屈に感じるような気もするが、おそらく慣れればどうということもないだろう。



左からウインドベストに半袖ジャージ、ウインタージャケット。
アイテムが増えるとチームらしさが増してちょっと嬉しかったり。
大分なら長者原などに行かなければ、この装備で真冬でも問題なく走れるだろう。

大分サイクルエンデューロ以降ほとんど自転車に乗れていないのだが、新しいウェアも届いたことだし、この週末こそは100kmぐらい走りたいね。



先週末は諸用でカメラマンとして活動。
標高700mの世界は数歩先の季節だった。


忘れられた刻

イメージ
Canon EOS Kiss X4 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

黄色い絨毯

イメージ
Canon EOS Kiss X4 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM