投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

Red&Green

イメージ
Canon EOS Kiss X4 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

秋の衣装

イメージ
ボクだって、たまには着飾りたくなるんですヨ(頭だけだけど





これからしばらく秋物の写真が続く予定。

ボトルケージ台座増設(ELITE VIP bottlecage clips)

イメージ
以前R.T.CARBONについての紹介を行った際にも少し触れたが、私が所有している2007年モデルのR.T.CARBONにはボトルケージ台座がダウンチューブ側の1つしかない。
この時期に走るのであればボトルは1本で事足りることも多いが、夏場だとそうはいかないし、ボトルが1本で良い時期になると、携帯工具などをサドルバッグではなくツール缶に入れたい私としては、やはりボトルケージは2つ欲しい。

無いとなれば、後付けで作るしかないね…!


大分サイクルエンデューロ

イメージ
定刻通りにスタート(Photo )
大分サイクルエンデューロ(4時間)にnm7 Racingとして出場してきた。 このレースはソロ部門とチーム部門があるのだが、今回はソロ部門にチャレンジ!
以下で時間別にダイジェスト的な感じでレースを振り返ってみようと思う。

赤く燃え上がる

イメージ
紅葉はいつも結局は逆光条件下で撮ってしまうんだよね。

たまには雨の日の紅葉も撮ってみたいな。

湯布院ラーメンサイクリング(2013.11.20)

イメージ
ちょうどこーへーさんの休みが水曜になっていたため、2人で湯布院に行くことにした。

紅葉の具合を確かめるのと同時に、今日はとあるラーメンが目的なんだ。

光跡

イメージ
走れー光速のー(古っ

ツケが回ってきた

イメージ
R.T.CARBONでヒルクライムに行ってきた。
行き先はいつもの銭瓶峠(世界基準で見ると3級山岳らしい)

一応タイム計測を行いつつスタート。


おかしい。
全然ペースが上がらない。
先月末にRCS6で上った時に比べて機材が新しくなり、重量もわずかに軽くなったはずなのに、走りはあの時より重たい。

というのも当たり前で、今月の初めに博多に行って以来ろくに走ってなかったんだよね。
体って本当に正直だよね…

あと、新しく導入したクランクは、もう少し乗り込んで慣れるまでは少し使いにくいかも。
銭瓶峠ぐらいなら36×23tで平然と駆け上がれるようにならないとな。

タイムは13分40秒と、前回より38秒遅い完敗な結果だった。
こんなんで週末の4耐は大丈夫なのだろうか(絶対大丈夫じゃない)

色々と遅すぎる気しかしないが、今週は週末に向けてコンディションを調整しながら走ろう。


(初めてS110のHDR機能を使ってみた。場合によっては使えるかもしれない。)

Night Puttering

イメージ
夜の街灯の光を受け、R.T.CARBONは妖艶に輝く。


新しい翼

イメージ
汝は優しさと力強さを兼ね備えた翼である。



突然ではあるが、私のロードが新しくなった。


寄り道で見た青い空

イメージ
時間があるのなら、寄り道したって良いじゃない。


学校に行く途中でちょっと寄り道。
学校を通りすぎて、山の中に入るのを寄り道と言って良いのかもちょっと怪しいが、少し重めのギアでダンシングで坂道を駆け上がる。

昨日に続いて今日も風は冷たいが、澄み切った青い空が広がっている。
青い空は私の写欲を引き出すのか、気付いたらバッグに忍ばせていたS110を取り出していた。



こっちもS110で撮影。
マクロも案外悪くない気がする。

冬がやってきた日

イメージ
ニュースなどで今日から寒くなるとは言っていたが、いざ起きて外に出ると風のあまりの冷たさに驚いた。
こりゃダメだということで、クローゼットからコロンビアのジャケットを引っ張り出す。
まだしばらくは着なくて良いかなと思っていたのだけど、意外と冬がやってくるのは早そうだね。






昨日放送していた情熱大陸(新城幸也)はきっちりと視聴。
新城選手って本当に自転車が好きなんだな、と思い、彼が走っている姿を見ていると、夜中なのにこっちまで走りたくなった。
でも、結局寒さに負けたわけですが…(:3[__]

GIANT RWS ROAD

イメージ
お洒落は足元から。


いや、お洒落云々ではないのだが、GIANTが出しているRWS ROADなるスキュアーを買ってみた。
「あれ、これどこかで…」と思う人もいると思うが、要はDT SWISSが出しているRWSのGIANT版といったところだ。

ANCHORのロードにGIANTのパーツだなんて!と思う人なら敬遠してしまうかもしれないが、元よりあんまり気にしないタイプだし、この青色がすごく好みだったのでほぼ即決だった。
あと安い!
通常のRWSだと前後で10500円なわけだが、これだと6300円なのは嬉しい。

実はこれを買うことを決めたのにはちょっとした経緯がある。
今まで使っていたTIOGAのクイックがどうにも怪しく、何か新しいものを買おうかと考えていたら、岡山のあずにゃんエリート氏に「DT SWISSのRWSがいいよ!」と勧められたのだ。

ふむふむ…スキュアーでバイクの剛性が上がる…だと?
彼が言うのなら基本的に間違いはないのだろうが、鈍感な僕にどこまで分かるのか疑問だし、あと高いよこれ…(;・∀・)
そういう訳で渋っていたのだが、先日博多に行った時にしゃなたんから「GIANTが同じの出してるよ。しかも安い。」という話をGIANTのサイトを見ながら説明されて、思わずショップに連絡を入れてしまったのだ。



早速取り付けて、家の周りを1km程度走ってみた。
取り付け方法は少し特殊だが、慣れればどうということはないな。

結論からいえば、全体の剛性は感覚的には間違いなく上がった。
一番分かりやすいのは、平坦でハンドルにぐっと力を込めた時の反応かな。
今までに比べて、明らかに硬いものになった。
また、上りのダンシングでバイクを少し大きめに振った時の反応も良くなった感じだ。
C24は横剛性が低めで、大きくバイクを振ると力が上手く伝わらない感覚があったのだが、これで多少の改善が見込めるかもしれない。

エリート氏曰く、コーナリングでの感覚も良くなるらしいので、これは近いうちに峠に行ってその感覚を確かめてみたいね。

迷子

イメージ
ここはドコ…?





カメラとダンボーをもって小さな森の中に入ってみた。
靴で踏みしめる落ち葉の乾いた音、木から落ちる葉の音、近くを流れる水の音。
何もかもが気持ちの良い音だ。


これで蚊の餌食にならなければ最高だったんだけどな…(当方蚊に噛まれやすい体質)

闇への通路

イメージ
Canon Powershot S110
闇はどこまでも長く、そして深く続く。

走れ!博多ラーメンサイクリング(2013.11.02)

イメージ
ラーメン、それは…
久しぶりに本場の博多ラーメンが食べたくなったので、自転車で博多まで行くことにした。 5時過ぎに起床し、7時過ぎに出発。 天気は、曇り…(^^;)